セーシェルの政治の変遷

初代大統領はマンカム氏で翌1977年クーデターが発生,レネ首相が大統領に。この辺は他のアフリカ諸国と変わりません。1978年SPPF(セーシェル人民進歩党)による一党制を宣言し、以降1984年、1989年と レネ大統領が再選されるも、ようやく1991年に複数政党制に移行され、1993年 第1回大統領及び国民議会選挙が行われ,相変わらずレネ大統領が再選を果たしました。SPPF政権継続は変わらず、複数政党制の実体は無いに等しいと言えるのかもしれません。1998年の第2回、2001年の第3回の大統領選挙でもレネ大統領が再選され、翌2002年国民議会選挙でもSPPFが政権継続という何とも実体のない複数政党制が続き、ようやく2004年レネ大統領の退任に伴い,ミッシェル大統領が就任となりました。以降もまた大統領選、議会選は相変わらず継続され、2011年国民議会選挙で人民党が政権に就くととも、2016年10月ミッシェル大統領が退任で,フォール大統領就任となり現在に至っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です